合成樹脂の戦略パートナー

プラスチックには、どんな種類があるの?

プラスチックは成分によって、たくさんの種類があり、それぞれ性質も違います。例えば、身近にあるペットボトルには、ポリエチレンテレフタレート樹脂が使われていて、略してPETと呼ばれています。ペットボトルの名前は、まさにこのPETからきているのです。透明で、薬品に強い性質を持っています。ポリ袋は、低密度ポリエチレンが使用されています。これも、“ポリ”からきた名前ですね。水より軽く、薬品に強い性質があります。

次の表は、主なプラスチックの種類と、どんなものに使われているかわかります

プラスチックの名前 略号 使われているもの 性質
ポリカーボネート PC CD、携帯電話など 透明で、熱に強い
アクリル樹脂 PMMA メガネやコンタクトレンズなど 透明で、強い
ポリアミド PA ファスナー、レトルト食品袋など 丈夫、酸素を通さない
ポリプロピレン PP 台所用品、クルマの部品 熱に強く、艶がある
低密度ポリエチレン LDPE ポリ袋、食器容器など
軽く、薬品に強い
高密度ポリエチレン HDPE バケツ、パイプ、網など 衝撃に強い
ポリスチレン PS コンピュータ、テレビの外側など 透明で、堅い
AS樹脂
SAN 調味料容器、使い捨てライターなど 透明で、傷つきにくい
ABS樹脂 ABS 家具、パソコンなど 不透明、熱に強い
塩ビ PVC 手袋、コード、フィルムなど
燃えにくく、丈夫
ポリエチレンテレフタレート PET ペットボトル、卵のパックなど 透明で強い