採用情報

この度は当社採用活動にご興味をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。

明るい社風の中、充実した教育制度でしっかりサポート。

明るく風通しの良い職場環境の中、前向きで元気な社員が集い、日々新しいことにチャレンジしています。また、「人を第一」に考える当社では、教育制度には特に力を傾注し、幅広いテーマのもと充実した各種研修を実施し、社員一人ひとりをしっかりとサポートしています。どんなことにも意欲的に取り組める方、豊かな感性と好奇心に充ちた方、私たちと一緒に働きませんか。

中途募集

中途募集につきましては、営業部門・非営業部門を問わず、その都度、人材紹介会社を経由して募集を行っております。

新卒募集

2018年以降の新卒募集につきましては、現在のところ募集内容は確定しておりませんが、募集の諸条件は以下の通りです。

初任給 214,400円 (内訳;基本給 大卒 209,400 円 職務手当(試用期間3ヶ月終了後)+5,000円 )
諸手当 職務手当、通勤費全額支給、住宅補助あり(条件を満たした場合)
昇給 年1回
賞与 年2回(6月・12月)
休日休暇 完全週休2日制、夏季休暇(5日間)、慶弔休暇、年末年始休暇(12/30~1/3)、有給休暇(初年度14日)
福利厚 社会保険(雇用保険・労災・健康・厚生年金)、提携厚生施設有り
勤務地 東京本社 御殿山トラストタワー
勤務時間 9:00~17:15
教育制度 新入社員研修(配属部署、取引先でのOJT が主になります) 提携研修機関や双日株式会社による研修参加有り。その他、簿記や貿易実務など
募集職種 総合職 (東京本社・大阪支社を除く、東北・静岡・名古屋・九州支店におきましては、正社員(地域限定正社員)の募集を行うことがあります)
2018年度以降の
募集人数等
詳細未定
募集学科 全学部全学科
提出書類 履歴書、卒業見込証明書(入社時)
選考方法 書類選考、面接、筆記試験
採用実績校(参考) <過去10年間の入社社員(新卒および中途採用の実績校)>(五十音順)
青山学院大学、桜美林大学、大阪大学、大妻女子大学、神奈川大学、共立女子大学、慶応大学、京都大学、京都外国語大学、恵泉女学園大学、神戸大学大学院、神戸外国語大学、埼玉大学、上智大学、実践女子大学、中国・上海外国語大学、成蹊大学、成城大学、中国・遼寧省大連外国語大学、中央大学、東京外国語大学、同志社大学、日本大学、日本工学院大学、日本体育大学、梅花女子大学、中国・復旦大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学、他

プラマテルズの「仕事」

合成樹脂の専門商社というのは、具体的にどのような仕事をやっているのか、営業マンとバックヤード・オフィスとの連携プレイをはじめ、法務や研修・教育など、さまざまな「仕事」があります。それぞれのプロフェッショナルたちの「仕事」を紹介してまいります。

プラマテルズの仕事〈営業マン編〉

プラマテルズの営業マンたちは、日々どのような業務を行っているのか、A氏の「仕事」を追ってみました。

(1)受注からヒヤリング

得意先より電話があり、仕事の依頼がきました。 営業部のA氏は得意先を訪問することにしました。お客様に直接会ってお話しをうかがうことは大事な仕事です。内容は新しいプリンターについてでした。新商品開発にあたり、いくつかの条件があります。

  • ●高熱に耐えられること
  • ●頑丈であること
  • ●清潔に使いたい
  • ●珍しい色の外枠にしたい

営業マンはプラスチックのプロフェッショナルです。このようなお問い合わせに即座に回答し、詳細を詰めていきます。後日、原料のサンプルをお渡しし、実際に試作品を作ることにしました。

(2)原料試作依頼

プラスチック原料メーカーと新商品の試作依頼をします。このような性質で原料を作ってもらうことにしました。

  • ●耐熱性
  • ●硬い素材
  • ●抗菌剤を練り込む
  • ●樹脂原料に特殊な着色をする

検討結果、ABS樹脂を着色、加工して作ることにしました。樹脂原料にはそれぞれ特徴があります。(硬い、柔らかい、熱に強い等)その特徴は成形製品にも引き継がれます。そのため、原料選びはとても重要です。

(3)試作完成

サンプル原料が数種類できあがりました。お客様の工場に持ち込み、試作品を成形することにしました。原料を成形機械に入れ、高温で溶解させてから金型に流し込みます。それを取り出し、冷却、乾燥させて固めます。これで成形品ができあがります。できあがった試作品について検討することにしました。

  • ●イメージ通りの色が出ているか
  • ●ひび割れがないか

イメージ通りの色が出るように調色することは、非常に難しいものです。試作原料を色見本(プレート)で確認します。後日、この原料で承認をいただきました。近いうちに新発売のプリンターが量産されることになります。

(4)正式注文

お客様から原料の正式注文が入ってきました。プラマテルズ受注センターから原料メーカーに発注をかけます。商品を仕入れてから工場へ納品されるまで、受渡管理をします。特別な着色・加工をする原料はできあがるまでに時間がかかります。お客様の納期に間に合うように、また量産ラインが途切れないように、注文管理は重要な仕事です。注文管理は自社開発の販売システムで行います。1人で大量の納期管理するため、1日ずっとパソコンを見ていることもあります。急ぎの注文は、メーカーにも急いで発注しなければなりません。多くの注文を、いかに早く正確にさばいていくか、この仕事は、時間との戦いでもあります。パソコンEメールFAX電話でのやり取りをしていると、時間がアッという間に過ぎていきます。